2020年10月1日木曜日

当院のご案内とアクセス



当院は港区新橋にある漢方内科、中医学のクリニックです。

現代医学と中国伝統医学(中医)の知識や漢方・鍼灸・あん摩などの技術を通じて、みなさまが健康で質の高い生活が送れるようにサポートしてまいります。
北京で中医学を学び、中医クリニックで研修・診療に携わってきた日本人医師、日本人中医師、そしてアドバイザーとして経験豊富な中国人中医師が在籍しています。

自由診療

鍼灸:鍼やお灸による治療です。漢方薬と組み合わせることで効果が得られやすくなります。
カッサ:鉱石や水牛の角のプレートで皮膚をマッサージし、血液の巡りを改善します。
カッピング:減圧したガラスカップを用いて血液の巡りを改善する治療法です。
あん摩:体質改善にお勧めの小児あん摩も行っています。
煎じ生薬:質の良い漢方生薬をひとりひとりの症状体質に合わせて処方いたします。
簡単に煎じることのできるタイマー式電気ポットも販売しています。

保険診療

漢方エキス剤を保険適応で処方しています。
風邪や胃腸炎などよくみられる感染症、また高血圧や高脂血症など生活習慣病も西洋薬と漢方の特徴を生かした治療を行っています。
診断のための血液検査も保険適応です。

アクセス

東京都港区西新橋1-5-9 TSビル5階(歩道橋のすぐ横です)
電話:03-6268-8582
最寄駅:都営三田線内幸町駅A4a出口より徒歩1分
JR新橋駅、銀座線虎ノ門駅、千代田線霞が関駅からも徒歩圏内です。

東文中醫クリニック・新橋は日比谷公園にほど近い、西新橋交差点付近にあります。
クリニックの名称には旧漢字の「醫」が使われていますが、Googleマップで検索するときは「東文中医クリニック 新橋」でも表示されますのでお試しください。

新橋駅(日比谷口)、内幸町駅(A4a出口)方面から
西新橋交差点付近の、広場のある西新橋スクエアビルが目印です。
西新橋スクエアビルには三井住友銀行があります。
歩道橋方面を見上げると当クリニックの看板が見えます。
ビルは歩道橋の横にあります。

銀座線虎ノ門駅方面から
新橋へ向かって外堀通りの左側を歩きます。歩道橋がありますのでそのすぐ横、1階に自然派ジュースの店が入ったビルです。

東京駅からタクシーの場合
丸の内側からタクシーに乗り、「日比谷通りから西新橋交差点」とお伝えください。
ミニストップを目安にタクシーを降り、横断歩道を右に渡ると広場のある西新橋スクエアビルがあります。西新橋スクエアビルには三井住友銀行があります。
歩道橋方面を見上げると当クリニックの看板が見えます。

わかりにくいときはお気軽にお電話ください。
03-6268-8582


当院のホームページはこちらです
フェイスブック始めました☆ 


☆このページは常に上に表示されるよう日付を未来設定しています☆

2018年12月6日木曜日

寒暖差アレルギーのジンマシン

ここ最近は、寒暖差からくるセキやジンマシン・鼻水などの患者さんが多くみられます。
その中のジンマシンですが、この季節特有な傾向と体質によって現れます。

黄帝内経という中医のバイブル的な本には「諸痛痒瘡皆属於心」とあります。痛みやカユミ、皮膚のできものなどは、全て心に属す。とのことです。
これは、心理的な要素も含まれれば機能的なことも含まれます。「痛みの心理と病気の遷延」 でも書きましたが、痛みは心理からも影響します。イライラすればカユミも増します。それとは別に心の機能があります。心は火・血脈・神に属します。神は心理的な要素の説明は省きます。

血脈をたどり血で身体は栄養される
血を作るのは脾胃や小腸で行い、肝でストックされて、心で体中に送ることになります。
血は陰に属すことから、体の水分的な要素も担うことになります。血が少ない状態になると、乾燥もしやすくなりカユミなどの要素になります。
お風呂に入るとジンマシンが出やすい人は、血虚(血が足りない)体質の可能性があります。
お風呂などで熱が体に加わると、体表で発散したいけれども熱が溜まっているためジンマシンが現れます。また、冷えが内部に溜まっている時も出やすくなります。

寒暖差アレルギーによるジンマシンの、中医での要因
心の火
これも「神」のような心理要素も含まれますが、イライラなど興奮性の作用が起こると火が起こりやすくなります。火は外側へ拡散や上昇する性質を持ちます。

気候
この時期は、寒暖差があります。冷えは気が集まり、熱は気が拡散する法則があります。体の表面の冷えに抑えられて、熱が拡散しないことからジンマシンが現れます。またエアコンなどの風の流れもあります。風にあたると熱が発生しなおかつ乾燥させ、血が少ない人は皮膚も乾燥し風自体が皮膚の感覚を敏感にさせてカユミが起こります。

治療
薬では、体の表面や血にある熱を冷ます処方が多くなります。しかしながら、血が不足している場合は、その不足を補うようにします。状況に応じて、発汗を促す薬も加えて体表の冷えを取り除く生薬を加えます。
針きゅうでは、血の流れを調えてあげて脾胃という消化機能や気血を生成するために重要な部分を調整します。軽い鍼刺激で、すこし発汗させたり熱を抜いたりします。

ジンマシンでセルフケアは出来るの?
①気血を作るために、お腹のマッサージをしましょう。
両手をおへその上に重ねて、時計周りに36回まわしましょう。
脾胃の機能を高めます。

➁体を温めるものを取ったり、軽い運動をしたりする。
例えばショウガ茶を飲むことで、胃を温めるだけでなく、毛穴が開き発汗を促すことが出来てカユミが落ち着きやすくなります。逆に辛すぎるものは、発汗しすぎてしまいますので、摂りすぎには注意。
軽い運動での発汗も、同様の作用があります。

③ネバネバトロトロやたんぱく質、ドライフルーツをとる。
血は陰に属します。陰を補うためにヤマイモやオクラなどのネバネバトロトロを取りましょう。でも、納豆はちょっと違います。たんぱく質は特に、豚の皮などが一番ですがプルルンを取るようにします。ドライフルーツは、ブドウやナツメなどは気血を補いやすくなりますのでよいでしょう。

➃気持ち穏やかに。
呼吸法やヨガ、最近ならマインドフルネスなども良いでしょう。


それでは。


当院のホームページはこちらです。




2018年12月4日火曜日

12月7日大雪です。


降雪が強くなり始める時期で、大は「盛る」に通じているため「大雪」と言われます。
小雪と基本的には養生方法は同じくして、体を温める食べ物を摂取して体を補うのがメインです。ぜひ小雪もご覧ください。

大雪の気候と病気

大雪以降は、気温が下がっていき、風も冷たく雪も舞い散るようになります。
中医では、頭や胸・足といった場所や「首」のつく場所が冷えや風を受ける場所と言われています。頭は「諸陽之会」と呼ばれており、陽気の脈が通るので冷えには強いと言われます。しかし、気温が下がることで血管が収縮、中医では経絡が通らなくなり頭痛やめまいが起こりやすくなります。

また、胸は陽に当たる部分であり冷えを受けてると血が通いにくくなり、心臓の痛みなどが出やすくなります。そして、冷たい空気自体は気が重く下にあることから、足元から冷えが入り、上にあがっていきます。そのことで、足の冷えや、婦人科疾患の月経不順・子宮筋腫などのが起こりやすくなり、胃腸に来れば下痢や腹痛をおこすようになります。

この時期は、帽子や厚手の靴下、強いてはハラマキ、マフラーなどをつけるようにするとのがマストですよ!

そして、冷えると筋肉も硬くなるので、肩こりや腰に痛みを感じるようになります。温かいお風呂で長くは浸からないようにしたり、お灸で温めたりしたり、カイロを使うのも良いでしょう。体を軽く動かすのもおススメです。
体が冷える経絡の流れが悪くなり、寒気を伴う風邪になり易い時期でもあります。そんな風邪の時の小技を1つ。

冬風邪の小技

蘇姜茶
水っぽい鼻水、寒気、体のこわばり、汗が出ない時の風邪に使ってみましょう。
 3分クッキングのテーマを、頭の中で流しながらご覧ください。

材料:シソの葉 12g ショウガ 9g 黒糖 好みで適量
①シソの葉とショウガを600mlの水に入れ、8分ほど中火で煮出す。
➁黒糖を加えて混ぜる。
③熱いうちに飲む。発汗したら症状が軽くなります。

シャワーで大椎アンド大杼・風門
ツボを使う技です。大椎(だいつい)は頚椎7番の下にあり(首を大きく前後に振ると大きく動く一番下の頚椎)、大杼はその横、風門は大杼の下にあります。
そこを、ちょっと熱めと感じる温度のお湯でシャワーを3分ほどかけてあげると、寒気や首のこわばりが楽になります。肩こりにも使ってみてね。
それでは。




2018年11月29日木曜日

疲れと女性の悩みのお灸~サロン~

温かいのか寒いのかまだまだ分からないですが、これから冬を迎えて気温は下がり体も冷えていきます。
冷えで体が硬くなると、疲れも出やすくなります。それと、足元から冷えはやってくるので女性の悩みは増えてきます。
そこは『お灸でしょ?』

でも、お灸のやり方がわからない。お灸ってどんな種類があるの?試してみたい。
自分でセルフケアをしたい、人にしてあげたい等々のご希望に合ったサロンです。

奮ってご参加ください。

日時:12月14日(土)16:00~17:30
場所:東文中醫クリニック・新橋内
定員:8名(最少催行人数5名)
参加費:1000円

2018年11月22日木曜日

ヒザの痛み


寒い時期や雨の日など天気の悪い日には古傷がうずく、なんて方は多いと思います。その中でも代表的なのは、「ヒザの痛み」ですね。膝の痛みは、スポーツ外傷があれば、整形外科で軟骨がすり減っている、加齢が原因とか言われます。その膝の痛みについて中医的に考えてみたいと思います。

関節の痛みはどうして起きるのか?
漢方や鍼灸には、痛みの2大原因論があります。「不通則痛、通則不痛」と「不栄則痛、栄則不痛」と言われます。前者は、気血が流れ停滞する事を原因とします。後者は、痛む部分に血などの栄養が周らないことを原因としています。

その原因を引き起こす要因には、①外的要因②内的要因が存在します。
①外的要因には、風邪・寒邪・熱邪・湿邪(内部からの発生もある)が大きく関わります。

②内的要素には、主に気血の不足で栄養が渡らない場合と、流れない事で血が滞る「血瘀(けつお)」による痛みがあります。加齢による腎気の不足でも痛みが出ることがあります。


なぜヒザなのか?
中医でヒザは「筋の府」と言われています。また膝の周囲には、脾・肝・腎・膀胱・胆・胃経の経脈(経絡)が流れています。経絡に沿って「経筋」という筋膜があり、筋の府=筋の集まりである膝には問題が集まりやすくなります。

そのヒザの痛みは「経筋」からかも
突然、何かしらの影響でヒザが痛くなることがあります。もちろん外傷もありますが、整形外科でヒザのレントゲンなどを取り、「年齢だね」とか「体重だね」などと言われる時もあります。そしていつの間にか「変形性膝関節炎」になっています。
ただ、「変形性膝関節炎」と診断された場合であっても、痛みは改善する可能性があります。
それは「経筋」が影響しているからです。経筋は多数筋肉の連結性から起こり、ヒザには筋肉もあれば骨もあります。経筋の詰まりが、ヒザの状態を変化させてしまうことがあります。

スクリューホームムーブメント
経筋は、多種筋肉の連結性です。筋肉が固ければ、骨の角度変えてしまう可能性が大いにあります。そこで、スクリューホームムーブメントをご紹介します。簡単に言えば「ヒザの動き方」のことを言います。
座る時 (膝を曲げる)①大腿の骨は内側へとねじれます。②同時にヒザから下の骨は外側へねじれます。
立つ時(膝を伸ばす)①大腿の骨は外側へとねじれます。③同時にヒザから下は内側へとねじれます。
歩行や階段の上り下りでヒザの痛みが出る場合は、大腿かヒザから下の骨の回転角度が大きい可能性があります。そのため、余計に回転角度が大きくなる事から筋肉に負荷がかかり痛みが出ると考えられます。
伊藤画伯


治療には
鍼灸やあんまを使って、経筋を調整するのはもちろんのこと、同時にスクリューホームムーブメントを正常に行うためのヒザの位置調整や、全体からかかる体重の負荷の調整をすると良いでしょう。温めながら、動かしていくのも大事になります。


当院のホームページはこちらです。

小雪です。


気温が急激に下がり始めて、降雪が始まるも大雪まで至らないことから「小雪」と言われます。
中国ではこの時期から中国のベーコンにあたる「臘肉(ろうにく)」が作られる時でもあります。個人的には臘肉のチャーハンが好きでした。

閑話休題
本来の秋冬であれば乾燥している時ではありますが、少しだけ潤いがある時と言われています。日光照射量が少なくなる事から、心理にも影響され抑うつなどが出やすくなる時でもあります。

主に出てくる状態
①気分が落ち込む
②仕事が以前よりうまく処理できない
③疲れやすい、おっくう
④楽しくない
⑤集中力・思考力の低下
⑥睡眠時間延長や朝起きにくい
⑦食欲減退または亢進

中医では、七情という感情と臓腑の繋がりを表す言葉があります。怒りは肝を傷つけ、喜びは心を傷つけ、思うは脾を傷つけ、憂いは肺を傷つけ、恐れは腎を傷つけるとあります。また、清代御典医である黄元御先生は、「気が沈むべきものが沈まず、沈んでも下腹に溜まる陽気が足りなければ気持ちが落ち込むようになる。」と考えています。陽気が足りない、気が降りて下腹が収まらないということを問題視しています。
そのため中医の古典「黄帝内経」では冬は太陽の光を浴びれる時間に起きると良いとしています。その事で陽気を取り入れることが出来るとのことです。

それ以外にも、体を冷やさないのは当然のこと。足の裏をさすって温めてあげてマッサージを加えるのも良いでしょう。
体を温めるのに、ショウガやシナモン、コショウなどを使いうまく冬を過ごしていくのが大事になります。春のためにもね。



2018年11月20日火曜日

当院での月経不順と不妊症治療の方法



当院では「生理周期と漢方」で書いている通り、『基本の体質+3つのステージ』を中心に治療を行います。また古来より中国医学では、漢方薬は「内部」から鍼灸は「外部」からの治療を得意としますので、鍼灸治療を合わせることでより結果を出しやすい状態を作りようにします。

特に漢方は「補う」「取り除く」ことに関し、鍼灸は「気血を通す」「温める」「調和させる」をことに関して強い傾向があります。
体が弱かったり、体の中のうっ血が強かったりすれば薬を使います。体の緊張が強くなることや疲労などによるものであれば鍼灸を行い、気持ちのストレスを減少させることも加味してます。
不妊症の治療となると心理的なストレスが大きく、より妊娠に向けてプレッシャーがかかることから鍼灸治療をベースに行うことを勧めています。場合により、子宮の前傾や後傾がある場合、スイナ療法での調整も加えます。

婦人科での排卵誘発剤や採卵などにより、体質の変化が起こることがあります。その体質の変化への対応も大事だと我々は考えています。
また、採卵後に子宮に受精卵を戻す時も、出来る限り気血の充実した状態のタイミングで、その時期を提案します。「体外受精人工授精と漢方のタイミング」(作成中)


当院で生理不順と不妊症の治療方針

1st 生薬煎じ薬+鍼灸治療
医療保険適用の顆粒エキス剤の場合、体質に合わせて処方が困難であり不要な生薬も配合される可能性が高いです。そのため、体質とステージに合わせて調整しやすい生薬煎じ薬と鍼灸治療の伝統的中医学の治療法をファーストチョイスにしています。

2nd 顆粒エキス剤(保険)+生薬煎じ薬(時々)+鍼灸治療
煎じる手間や経済的な観点から効果的に目指したい場合は、必要な時期だけ煎じ薬を使い、ベースは医療保険適用の漢方を使う方法があります。同じ日に同様の症状で、保険と自費の薬は出せませんのでステージ別や必要時期に応じて使い分けることを提案します。

3rd 顆粒エキス剤+鍼灸治療+家でのケア
体質やステージに合わせて、理想に近しい医療保険適用の顆粒エキス剤と鍼灸治療を組み合わせ、プラスして家でのお灸などのケアをする方法があります。通院が大変な場合などは、家でのケアを増やす必要があります。


生薬煎じ薬と顆粒エキス剤
どちらの薬も、診断にあった処方であれば効果は現れます。しかしながら、その効果の出方は薬の形から差が出てきます。

生薬煎じ薬と顆粒エキス剤の違い
より体質に合わせて、また体調の変化やステージにより対応が出来るかどうか。
吸収がされやすいかどうか。
生薬の量。
この3点が、薬の効き具合に影響を与えます。

当院のホームページはこちらです。