2020年10月1日木曜日

当院のご案内とアクセス



当院は港区新橋にある漢方内科、中医学のクリニックです。

現代医学と中国伝統医学(中医)の知識や漢方・鍼灸・あん摩などの技術を通じて、みなさまが健康で質の高い生活が送れるようにサポートしてまいります。
北京で中医学を学び、中医クリニックで研修・診療に携わってきた日本人医師、日本人中医師、そしてアドバイザーとして経験豊富な中国人中医師が在籍しています。

自由診療

鍼灸:鍼やお灸による治療です。漢方薬と組み合わせることで効果が得られやすくなります。
カッサ:鉱石や水牛の角のプレートで皮膚をマッサージし、血液の巡りを改善します。
カッピング:減圧したガラスカップを用いて血液の巡りを改善する治療法です。
あん摩:体質改善にお勧めの小児あん摩も行っています。
煎じ生薬:質の良い漢方生薬をひとりひとりの症状体質に合わせて処方いたします。
簡単に煎じることのできるタイマー式電気ポットも販売しています。

保険診療

漢方エキス剤を保険適応で処方しています。
風邪や胃腸炎などよくみられる感染症、また高血圧や高脂血症など生活習慣病も西洋薬と漢方の特徴を生かした治療を行っています。
診断のための血液検査も保険適応です。

アクセス

東京都港区西新橋1-5-9 TSビル5階(歩道橋のすぐ横です)
電話:03-6268-8582
最寄駅:都営三田線内幸町駅A4a出口より徒歩1分
JR新橋駅、銀座線虎ノ門駅、千代田線霞が関駅からも徒歩圏内です。

東文中醫クリニック・新橋は日比谷公園にほど近い、西新橋交差点付近にあります。
クリニックの名称には旧漢字の「醫」が使われていますが、Googleマップで検索するときは「東文中医クリニック 新橋」でも表示されますのでお試しください。

新橋駅(日比谷口)、内幸町駅(A4a出口)方面から
西新橋交差点付近の、広場のある西新橋スクエアビルが目印です。
西新橋スクエアビルには三井住友銀行があります。
歩道橋方面を見上げると当クリニックの看板が見えます。
ビルは歩道橋の横にあります。

銀座線虎ノ門駅方面から
新橋へ向かって外堀通りの左側を歩きます。歩道橋がありますのでそのすぐ横、1階に自然派ジュースの店が入ったビルです。

東京駅からタクシーの場合
丸の内側からタクシーに乗り、「日比谷通りから西新橋交差点」とお伝えください。
ミニストップを目安にタクシーを降り、横断歩道を右に渡ると広場のある西新橋スクエアビルがあります。西新橋スクエアビルには三井住友銀行があります。
歩道橋方面を見上げると当クリニックの看板が見えます。

わかりにくいときはお気軽にお電話ください。
03-6268-8582


当院のホームページはこちらです
フェイスブック始めました☆ 


☆このページは常に上に表示されるよう日付を未来設定しています☆

2018年8月6日月曜日

立秋


立秋は、いわゆる空が高くなる時期で、気温が徐々に下がっていく時期です。ようやく爽やかな天気になってきます。
中国では、立秋あたりに「七夕」があります。七夕は中国の場合、日本のバレンタインデーと言った雰囲気になります。

一般的に立秋は、夏の暑さは依然として見られても、湿度が低くなり秋の乾燥に向かっていく時です。そして、肺の機能が高まる時期でもあります。肺は五行の「金」に属し、天候特徴は乾燥、その感情は「悲しみ」を表します。また、収穫の時期でもあるので、気を「収める」ことが体にとって大事になります。

これから気が収まる=気が下降が始まりますが、うまく気が下降しない場合は、頭痛やセキなどの症状が出やすくなる時です。また、夏の名残の影響を受けてお腹を冷やしたりすることも増えてきますと、胃腸炎などになりやすい時でもあります。
また、夏の興奮した状態が続くと、気を下降させる妨げにもなります。その為、心を落ち着かせて過ごす必要が出てきます。

この時期から「早寝早起きをして、鳥とともに目覚める」と良いとされています。また、夏で寝苦しかった日々を、秋に取り戻すという意味もあるようです。


立秋の飲食
立秋以降の秋の特徴は「収」です。主に酸味のあるものを食べると肺の気を収めることが出来ます。逆に辛味は気を散じてしまいますので、特に辛い物好きの方はお気を付けください。また、乾燥が強くなることから、「水分を補充して肺を潤すような飲食をしましょう」と言われています。ヤマイモ・はちみつ・パイナップル・黒ごまなどが良いでしょう。
酸味と甘味の組合せは、「陰」つまりは「水」の要素になるので積極的にとっても良いでしょう。

当院のホームページはこちらです。


2018年7月30日月曜日

8月東文健康サロン「中医で体のセルフチェック!」 

漢方好きな方、中医ファンの方、健康志向な方々、お待たせいたしました。8月の東文健康サロンのご案内です。

今回は「中医で体のセルフチェック!」と題して、第1弾「舌を見てみよう篇」を開講します。
舌を見ることは、中医で「舌診」と呼ばれ、四診という中医の4大診断法の一つ「望診」の中にカテゴライズされています。舌だけで全てわかる!ということではありませんが、知っていると自分の体調がある程度理解できるようになります。

日にち 8月25日(土) 16:00~17:30

くわしくは当院ホームページをご覧ください。
当院のホームページはこちらです。

2018年7月27日金曜日

【緊急告知】7月28日台風による診療時間の短縮について

7月28日(土)12時頃に、台風の暴風圏内に入る恐れがあるため、急ではございますが当日の診療は12時で終了させて頂きます。
ご迷惑おかけしますが、身の安全の確保のため何卒ご理解のほどお願いいたします。

2018年7月24日火曜日

今年の下半期の運気


今年の下半期の運気は…と言っても占いではなく、「五運六気」と呼ばれる60年周期の気候的に運気を見て病気の傾向を見る方法があります。


今年の傾向は、火が強く暑くなりやすいメインの運気です。上半期は、その干支の周期により水の強い期間であったため、その火が相殺され比較的涼しく過ごしやすい傾向がありました。

ただ、その水が弱った時は、天災が起こりやすい時でもあるとされていました。

下半期は、713日から始まりました。
これからの時期は、雨が多くて湿気が非常に強い時期にあるとされてます。湿気により消化不良などの症状が多く出る傾向があります。


湿気に風邪が加われば、関節や筋肉の重い痛みがあらわれます。
寒邪が加わることで、胸の痛みや耳鳴や難聴などが出てきます。
今年の主気の熱邪が加わることによって、喉の痛みや嗄声(ガラガラ声)、血便、血尿、乏尿などの症状の他に、背中や下肢の痛みや、身体を捻りにくいなどの症状が現れる可能性が高いとされています。

暑すぎるからといって、お酒などのがぶ飲みなどは気をつけてくださいね。


当院のホームページはこちらです。



大暑だった。。。


調子に乗りすぎて、前回3本まとめてブログを上げたために、大暑の存在を忘れていた伊藤です。7月23日からの「大暑」についてです。

大暑は一年の中で最も暑い時期で、小暑よりも暑くなるため「大暑」と呼ばれます。
この酷暑の時期は、雨も多くなりやすい時期でもあります。

中国の莆田という場所では、大暑になると「過大暑」という習慣があり、ライチや羊の肉を食べたり、甘酒を飲みます。
大暑に食べるライチは栄養が高いことから、人によっては「高麗人参と同じ栄養がある。」なんて言われるくらいです。
羊肉は、温める性質を持っています。中医における「春夏養陽」の考えから羊肉を食べて、秋冬に向けて陽気を体に溜め込むための方法であると考えられます。
甘酒は、気を補うために使われています。


この時期に注意したいのは、「夏バテ・夏カゼ」です。

暑い天気の中、エアコンの強い涼しい場所で過ごしたり、運動後に発汗をしてすぐに冷たいシャワーを浴びたり、冷たいものを飲みすぎたりして冷やしすぎる事で起こります。これを中医では「陰暑」と呼びます。「動則陽暑、静則陰暑」と言われ、熱中症は陽暑にあたります。
症状としては、寒気や頭痛、気だるさ、鼻水鼻づまり、喉の痛みやかわき、手足のだるさ、皮膚の熱感、汗が出にくい、おう吐や下痢などの消化器症状が出るもを指します。
この症状は、夏の暑さと体の中の湿気が、外部などの冷えにより包み込まれてたり、溜まったりすることから起こります。

予防として
⒈体を冷やしすぎない
⒉冷たいものを食べすぎない
⒊発汗後に冷たいシャワーを浴びない
これらを心がけるようにしましょう。

当院のホームページはこちらです。


2018年7月23日月曜日

冷えは絶対悪か・・・⁉

連休を使い、九十九里浜でろくに泳がず海の家で、ただただ日向ぼっこをしてきた副院長・伊藤です。

ここ最近真夏日が続き、当院にもウナダレルように患者さんがいらっしゃいます。
どうしても、この時期に出てくるパワーワードは「冷え」です。当院のブログでも、体は冷やさないようにということを伝えてきました。この時期の冷えの原因は、エアコンであったり冷製の飲食であったりします。

中医学では、冷えが引き起こすのは「固める、流れを滞らせる」ことです。また冷やすことでの流れが滞ることから「機能低下」があります。そのことで下記の症状が起こりやすいくなるとされています。

・ガン・筋腫などの腫瘍
・不妊症
・更年期障害
・関節炎(中医での風寒湿)
・胃腸疾患 
・喘息・咳 など


中医の一派に火神派と呼ばれる流派があり、その中でも著名な李可先生は「陽虚(冷え)による病が割、陰虚によるものは1割にも満たない」と言っています。
火神派の鼻祖である鄭寿全先生(清代)は、陰陽による体質の見極めが大事としています。

そのため、「冷え」は絶対悪ではなく、体質や状況により見極めと処置が必要ということです。「水は舟を浮かし、水は舟を覆す。」と言われますが、冷えをいかに使うかということです。エアコンが苦手な方でも、最近の気温では体の調子悪くして脱水を起こしてしまっては元も子もありません。中医で、汗は血と源を同じくしますので、過度の発汗を避けるようにしましょう。

対応策
・エアコンは、26℃くらいで設定しましょう。
・脱水予防に、飲み物などで酸味甘味を含むものを取るとよいでしょう。
・直接エアコンにあたる時は、いわゆる手首・足首・首などを守るようにしましょう。

まだまだ暑い日は続きます。体に優しく過ごしましょう。




当院のホームページはこちらです。