2020年10月1日木曜日

当院のご案内とアクセス



当院は港区新橋にある漢方内科、中医学のクリニックです。

現代医学と中国伝統医学(中医)の知識や漢方・鍼灸・あん摩などの技術を通じて、みなさまが健康で質の高い生活が送れるようにサポートしてまいります。
北京で中医学を学び、中医クリニックで研修・診療に携わってきた日本人医師、日本人中医師、そしてアドバイザーとして経験豊富な中国人中医師が在籍しています。

自由診療

鍼灸:鍼やお灸による治療です。漢方薬と組み合わせることで効果が得られやすくなります。
カッサ:鉱石や水牛の角のプレートで皮膚をマッサージし、血液の巡りを改善します。
カッピング:減圧したガラスカップを用いて血液の巡りを改善する治療法です。
あん摩:体質改善にお勧めの小児あん摩も行っています。
煎じ生薬:質の良い漢方生薬をひとりひとりの症状体質に合わせて処方いたします。
簡単に煎じることのできるタイマー式電気ポットも販売しています。

保険診療

漢方エキス剤を保険適応で処方しています。
風邪や胃腸炎などよくみられる感染症、また高血圧や高脂血症など生活習慣病も西洋薬と漢方の特徴を生かした治療を行っています。
診断のための血液検査も保険適応です。

アクセス

東京都港区西新橋1-5-9 TSビル5階(歩道橋のすぐ横です)
電話:03-6268-8582
最寄駅:都営三田線内幸町駅A4a出口より徒歩1分
JR新橋駅、銀座線虎ノ門駅、千代田線霞が関駅からも徒歩圏内です。

東文中醫クリニック・新橋は日比谷公園にほど近い、西新橋交差点付近にあります。
クリニックの名称には旧漢字の「醫」が使われていますが、Googleマップで検索するときは「東文中医クリニック 新橋」でも表示されますのでお試しください。

新橋駅(日比谷口)、内幸町駅(A4a出口)方面から
西新橋交差点付近の、広場のある西新橋スクエアビルが目印です。
西新橋スクエアビルには三井住友銀行があります。
歩道橋方面を見上げると当クリニックの看板が見えます。
ビルは歩道橋の横にあります。

銀座線虎ノ門駅方面から
新橋へ向かって外堀通りの左側を歩きます。歩道橋がありますのでそのすぐ横、1階に自然派ジュースの店が入ったビルです。

東京駅からタクシーの場合
丸の内側からタクシーに乗り、「日比谷通りから西新橋交差点」とお伝えください。
ミニストップを目安にタクシーを降り、横断歩道を右に渡ると広場のある西新橋スクエアビルがあります。西新橋スクエアビルには三井住友銀行があります。
歩道橋方面を見上げると当クリニックの看板が見えます。

わかりにくいときはお気軽にお電話ください。
03-6268-8582


当院のホームページはこちらです
フェイスブック始めました☆ 


☆このページは常に上に表示されるよう日付を未来設定しています☆

2019年2月18日月曜日

晴れてても雨水


さて、今回は二十四節気:雨水の前日ということで、『雨水』についてです。
 『雨水』は、古来より降るものが雪から雨に変わり、降水量も増えて、なおかつ温かくなる兆しが見られる時期といわれています。また、冬眠していた動物が、地下からはい出始めた時期ともいえるでしょう。
 この時期は雨で湿気が強くなり、食欲などにある程度影響を与えます。何よりも中医的には「肝木」が強くなることが重要な影響をもたらすとしています。
 
2019年は消化機能低下がみられやすい年なんです。

 肝は気を流したり、血を貯めたりする場所ですが、春の気を経て強くなると五行の関係から「肝木」は「脾土」(木が土の栄養を吸い取る。)をいじめることになります。
 そうなると、消化機能が低下してしまいますので、ショウガやヤマイモや消化に良いものをとり、おなかを整えましょう。
 
それと陽気が徐々に上昇する特徴があり、風などの影響で交感神経が高ぶり興奮しやすくなるので、高血圧の方には気をつけてもらいたい時期です。腹式呼吸などを使って気持ちを穏やかにする方法もあります。





2019年2月9日土曜日

春の食養生は、このように行う。

中医の春の食習慣
中国の民俗文化に、季節の変わり目になると食べる食品があり、立春では芽吹いた豆を食べるとされています。いわゆる「もやし」を中心に食べたりします。
また、料理の味付けでは、甘み辛味のあるものを摂取して、酸味を少なくすると良いとされ、甘みは春の気の影響を受ける胃などを守るために辛味は気の発散を助けます。酸味は、気の発散を抑えることから少なめにする方が良いとされており、ネギやパセリなど緑色の芳しい食品があると良いでしょう。

古代養生の飲食原則
昔の食事のルールは今とは大きく変わりませんが、気持ちの方とも関連性が出てきます。かつて、画家であるレオナルド・ダヴィンチは、絵だけではなく人体にも興味を抱いており、ワインを飲むときは同量の水を摂取する習慣を持っていたとのことです。さて、中国古代の食事のルールはどうだったのでしょうか?
節度ある食事。暴飲暴食はしない。
あっさりとしたものを食べる。味が濃かったり、脂っこいものは食べない。
偏食を避ける。五穀雑穀を多く食べるようにする。
無理に食事をとったり、喉が乾いてもないのに水を取れば胃が張ってしまうので、無理強いはしない。空腹でもないのに食事を取れば、消化吸収機能は衰える。
怒っている時には食事を取らない。食後は怒らず、怒ったら食べず。
極端に冷たいもの熱いものを食べない。
食後に激しい運動をしない。
食後の養生を気にかける。


食後の養生
実はそれ以外にも、食後のルールというのもあります。
食事が終わったら、口の中をすすぐ。
食後、かむ動作をして上下の歯が鳴らし、唾液が溜まるようにする。
食後はへそ周りを円を描くようにさする。
食後、軽く散歩をする。
食後、3分間遠くを見つめる。
ただ、については少し謎なので、何か考えがまとまりましたら掲載してみようと思います。

レッツトライ!





当院のホームページはこちらです。

2019年2月3日日曜日

寒いけど、立春ですよ、もう春だ。

1年の四季の始まりは、立春から始まります。立春は、春分、立夏、夏至、立秋、秋分、立冬、冬至などの、季節の大きな変わり目である「八節」の1つです。八節はのちに二十四節気へと発展していったそうです。

中医の春
春は、中医では「木」や「肝」に属して、情緒などに影響を与えます。立春の時期からは特にイライラを募らせて、怒りを爆発させるような事はなるべく抑えて、心穏やかに、努めて明るくポジティブに過ごすと、気持ちも楽になるでしょう。春は気が発生・発散される時期であり、怒りによって一気に発散されても、イライラして気の発生を鈍らせても心や体の問題が起こりやすくなります。

春の病気の予防
春は、気血が穏やかに流れる必要があります。病気の予防対策には3つのポイントがあるので覚えておくとお得です。
①遅寝早起きをする。太陽の光をしっかりと浴びましょう。
②ゆったりとした服装を。
全ての初めはキッチリと!と考えるかもしれないけれども、春はゆったりとした服装をなどをする事で、気血の流れをゆったりと流すことができます。
③外に出て軽い運動をする。

良い春をお過ごしください。

当院のホームページはこちらです。

2019年1月31日木曜日

2・3・4月 水曜診察日お知らせ

◎2月  13日・27日
◎3月  13日・27日
◎4月  10日・24日

診察受付時間: 午前 10時~13時30分  午後 15時~17時30分

            






                中医師・鍼灸担当:伊藤

担当:加藤医師
以上が水曜診療日です。通常の曜日と診療時間が異なりますので、お気を付けください。
当院のホームページはこちらです。

2月から診療日と時間変更のお知らせ。

2月1日より、診療日時が以下のようになります。
(写真をタップすると大きくなります。)

変更点
1、李医師の日曜日診療が始まります。李先生について
2、土日も、19時まで受付いたします。
土日にしか都合が取れない方も、ぜひご利用ください。
3、金曜と祝日・一部水曜日が休診日です。

ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願いいたします。
当院のホームページはこちらです。

2019年1月24日木曜日

体を根本から治す!!って何?

中医師の伊藤です。
あなたは、「漢方薬や鍼灸は根本から病気を治す!!」といったパワーワードを聞いたことはありますか?漢方に興味のある人ならば、1度は聞いたことのある言葉だと思います。今回は、体を根本から治す事について書いていきます。

「病気の全部には原因があるから、それを取れば病気って治るんでしょう。」
おおよそ正解ですが、ここでは漢方薬と鍼灸のエキスパートとして、それっぽい言い方をしましょう。
「病気を治すには、その根本を求める。しかし、場合によっては自己認知的に顕在化した症状を先に取る、ないし同時に取ることも必要。」です。実はそう考える「標治(ひょうち)・本治(ほんち)」という概念があります。

標治・本治

標治・本治は「標本」を治すことから、そのように呼ばれます。ただし、標本ではあっても箱の中にピンで刺された虫でなどの標本でありません。標は、道しるべや目標などのように現れている状態を指します。本は標を起こす根本となる原因です。
例えば、風邪をひいてクシャミ・鼻水・熱・セキ・タンなどは、「標」であり、その根本は軽度の免疫低下により体表レベルに風寒という邪気の侵入にあります。

本治を行うことは、病気を治すことだけではなく「病気の予防のキー」にもなります。体に何かしらの症状があり、その症状だけを取り除き根本の原因が残っていれば、症状の再発や新た症状の発症原因となります。

本治は、漢方薬をより効きやすく、効果が持続しやすくするためメリットにもなります。そのため、場合により2種類以上の処方などが合わさり、標本兼治つまりは標本を同時に治す方法がとられます。

また、急性な症状であったり、食欲低下や胃もたれでカゼ引いたなんてときは、標治をメインすることがあります。これは、本の部分である体の内部に邪気を持ち込まないためです。

なんとなくお察しいただけた方は、西洋医学のアプローチは標治が比較的多い傾向が見られることに気づかれたかと思います。そして、中医漢方や鍼灸の治療のアプローチでは、根本の原因を調整する事と単数ないし複数に出ている自己認知的に顕在化した症状を改善させることにあります。
薬を飲んでいて「この薬って合うかも~」は、そんな本治の薬かもしれませんね。

当院のホームページはこちらです。